銀行と消費者金融会社で借りれるキャッシングに違いはあるのか??

もし、主婦であるあなたがキャッシングをしようと思っていましたら、どこからキャッシングをするべきか、しようかと考えているのでしょうか?最近はテレビCMなどでもキャッシングに関するのをよく見かけますよね。

 

また、テレビCMの時間帯によっては保険などのように、キャッシングも含めて金融商品に関するものも多く見かけています。そうなりますと、一体どこからキャッシングすればいいのか、その選択肢の多さにもしかしたら迷っているかもしれませんね。

 

そのようなあなたのために、キャッシングできるところを大きく分けますと、どこになるのでしょうか?これは2つに分かれまして、銀行と消費者金融会社になります。では、これにはキャッシングする場合に、大きな違いは出るのでしょうか?

 

大きな違いで書きますと、銀行と消費者金融会社では、法律や制度に違いがあるのです。その違いはといいますと、利用限度額になります。実は消費者金融会社からキャッシングする場合、原則収入の約3割までしかできないのです。

 

仮に年間の収入が60万円としたら、原則20万円までとなります。これは消費者金融会社に設けられたルールで総量規制というものになります。ところが、銀行の場合には、その総量規制というのがなく、原則利用限度額というのがないのです。

 

ただし、キャッシングできるかどうかも含め、利用限度額は銀行独自の審査によって変わります。そのため、消費者金融会社はダメで銀行は大丈夫、ということではありませんので注意してください。